Sponsored by
Ri3C - Management Communications Consulting

人を動かすような 「インパクトのある英語」 を話すには、どうすればいいのか。

アメリカ発: 英語を学ぶ人と、教える人のためのサイト

HOME

英語の素振り.com

英語の素振り.com の目的

「気言声体の一致」とは

関連著作物等

活動・計画

今週の表現
仲間に入りませんか?

ユーザー登録

こんな表現知っている!

読者からのフィードバック
ご意見・ご感想
お問い合わせ
日本クラブ講座
講座案内
受講者ログイン

ゴガクル NHK語学講座で学ぶあなたを応援します
浅田浩志の「ニューヨーク直送! ネイティブの英語表現」

講師派遣・講演会の講演依頼.com
当サイト主宰 浅田浩志 講師依頼のお問い合わせ

 

「英語の素振り」とは

  すでに述べたとおり、効果的なコミュニケーションをするには「気言声体の一致」を目指す必要があります。そして「英語の素振り」は「気言声体の一致」を実現させるための手段・手法です。

定義:「英語の素振り」とは、汎用性のある(実際にいろいろな場面で頻繁に使われ、つぶしの利く)英語表現(特に慣用表現)を正しく理解し覚え、頭の中で、実生活でその表現が使われるような場面を想像して、声にして反復練習することである。そして、考えたこと()が瞬時に言葉(言)となって自然に出てくる(声・体)まで、時にはいやというほど何度も声を出して繰り返すのである。

 

「英語の素振り」と「気言声体の一致

 

 それでは実際にどうやって「英語の素振り」をするのか、次に概要を説明します。

 

Back Next

Copyright 2005-2007 Research Institute for Cross-Cultural Communication, LLC